ピンクのバラ
チラシを写していて、ふっと工房に飾っているバラを写していなかったことに気が付きました。
f0130737_0573266.jpg

ほんの少し忙しかっただけで、写すココロを無くしていました。
f0130737_0594939.jpg

工房前線路脇の土手に色々な花が自生してますが、その中でも一押しなのがこのピンクのバラです。
沢山咲き乱れているので、その前を通るだけでなんともいえない素晴らしい香りが致します!
土手なので摘むのに若干の危険が伴いますが、なるたけ手前の花を摘んでその香りのお裾分けを
工房でも楽しんでいました。


f0130737_0592711.jpg

今はもうバラは終わってしまいましたが、工房の中にバラの香りがしていてプチ幸せマダムでした。










奥の間にも飾っていました。
f0130737_125265.jpg


f0130737_122068.jpg

まるでおロウ細工のようなバラです。
自然の不思議と驚異!オキーフが感じてた花へのオマージュ。


「誰も花をみようとしない。

花はあまりにも小さく、

私たちには時間がない。

見るということは時間がかかることだから。」 

by ジョージア・オキーフ

[PR]
by madamucho | 2009-07-06 23:00 | 工房にて
<< アジサイ 森のカークラフト展♪ >>