べべルイ~原始の泉
道に迷った・・・

※ 写真は多分、前富良野岳です。
f0130737_2391454.jpg

案の定、道を間違えてベベルイのニングルの森へ迷い込みました。

※ ニングルとは富良野地方に伝わる小人のことで、とてもちっちゃなヒトらしく、人間より長生きするらしい。
  アイヌ語でニンは「縮む」、グルは「人」の意味で、倉本聰氏の小説「ニングル」に登場しているみたいです。

原始ヶ原湿原と富良野岳の登山口から歩いて30分のとこに 「天使の泉」 という湧き水もあるらしい。

運転してるRには言わなかったけれど走っていてエゾリスを轢きそうになった矢先、左手森の奥に私は黒い塊(ベア-)を

見た様な気がしました。余りにも出没そうな雰囲気に圧倒されて幻を見たのかもしれません。

車を迂回できるところまで走り、Uターンして元の道に戻りましたが、アレはいったい・・・幻だったのかな~?


本当の目的地は 「原始の泉」で水を汲むことなのですが、すっかり道に迷ってしまいウロウロしてます。
f0130737_23940100.jpg




これは誰かのお店の水飲み場です。
f0130737_2395766.jpg


生活を楽しんでる。
f0130737_2310722.jpg


f0130737_23103648.jpg

あ~あ、どこにあるんだろ原始の泉は~~。

( マダムは水フェチなのでどこかに行った時は必ずそこの名水を少し頂いてくる事にしています )












 
あった。  
f0130737_231151.jpg


農協のおじさんにも道順聞いて目印の看板もあると言ってたけれど、こんなに可愛いらしい目印だとは♪

柱の上の人形が 「こちらです~」って言ってるみたい。

原始の泉の入り口
f0130737_23111532.jpg













トーテンポールみたいな看板。
f0130737_2311392.jpg


パイプ2本から富良野岳の湧水が惜しみなく流れています。冷たくて身体においしい~
f0130737_23121772.jpg


f0130737_2312518.jpg

水を少し頂いた後、富良野~三笠方面へ抜けて帰ろうとしたら、ここでも道に迷う。。。

自分の肌が陽光に弱いのにうっかり半袖で長時間直射日光浴びちゃって発疹が!
それでグッタリしてしまいナビが出来ないでいると、R氏は益々道に迷って・るーるるるるっ

いつまで富良野で油売るつもりかしら!方向音痴メ~~
















Deep

[PR]
by madamucho | 2009-07-29 23:35 | 旅行
<< ラベンダーとミツバチ 富良野~ひまわり畑 >>